【重要】2015/6/14 ブログ移転しました!! 新しいブログ『桑原淳 旅人美容師の1000人カット世界一周の旅』はこちらです→ 【 http://junkuwabara.com 】 よろしくお願いします!地球のどこでも、誰でも、いつでもカットします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旋毛」←読めますか???


最近あったかくなってきて、春らしくなってきた~~~。

今日もあったかいらしいですが、ぼくは寒いです。

というのも、なんだか体調が悪いです。

今まで入院や大きい病気になったこともなく、むしろ4年?5年?は病院さえも行く機会もなく、インフルエンザとかなったこともなかった健康体なので、若干とまどってます。

咳や鼻水はあまり出ないし、のども痛くないんで風邪っぽくないんだけど

めまい?なのかなんなのかクラクラと・・・

そして眠い。

そして寒い。

そして筋肉とか痛い、とこんな感じ。

風邪なのか、なんなのかはよくわかりません。


山登りをした次の日に、酔っぱらって眠くなった状態っていうのかな・・・

山登りしないけどね。(笑)


・・・・・


・・・・・


あ、関係ないけど、この画像をフッター用に作ってみた(笑)


201403252310154b7 (640x524)



そして話があっちこっち行ってるけど、今日は久々美容ネタ(^^)

旋毛← これ読めますか?

これは誰もが知っている「つむじ」

でもつむじって何?と聞かれた時に説明できる人はすくないはず・・・

今回はそんな旋毛(つむじ)について。

これは、合コンで使えるネタ・・・使えないか(笑)

f0172281_11555690.jpg


★なぜ、つむじはできるのか?
髪は、頭皮から斜めに生えてて、頭のてっぺんは前向きに、まわりの部分は下向きに生えている。

頭の部分により斜めになる向きが違うため、この向きのちがう部分の境目が渦巻状になり、うまくおさまった形になるわけです。




★なぜか日本人はつむじが左巻き
これは意外ですが、日本人は世界で一番、「左巻き」が多い人種。


左巻きの割合
日本人・・・・・・・・・・・・・・・・48%
韓国人・・・・・・・・・・・・・・・・40%
中国人・・・・・・・・・・・・・・・・30%
ヨーロッパ人・・・・・・・・・・20%



★つむじのでき方
大部分の人のつむじは後頭部にあります。

1つの場合は後頭部に、数が増えると後頭部に2つ並んでできたり、額の上、うなじあたりにできたりします。

そしてその位置は、頭の中心線上ではなく、右寄りか、左寄りにずれいているほうが多いらしい。



日本人の後頭部のつむじの位置
右寄り・・・・・・・・・50%
左寄り・・・・・・・・・30%
真中・・・・・・・・・・・20%



日本人のつむじの個数
1個・・・・・・・・・90%
2個・・・・・・・・・・・7%
3個以上・・・・・・3%

(なんと、つむじが7つもある人も)


最近このつむじの巻き方が右利きや左利きと関係があるのではないか???という研究をしている人達がいるらしい。

95パーセントの右利きの人のつむじが右巻き。

そして、両利きや左利きの人は右巻きと左巻きがそれぞれ50%だそう。

つまり、つむじが左巻きの人は両利きか、左利きの可能性が高いということらしい。

でもこれはまだ仮説なんだとか。

ちなみに最近よく来る「台風」

台風は北半球だと左巻き、南半球だと右巻きになる。

コリオリの力ってものが影響していて、北と南で違うんだとか。

以上、豆知識でした(^^)

4d23160e784a125f9d4a7c8ea2e1e85c.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ日本ブログ村
もっと1人旅情報が知りたい方はこちらのレインボーボタンへ!ここから他の旅ブログも覗けますよ~☆↑↑↑↑

日本国内オススメ観光地→国内オススメスポット

全国ご当地グルメ情報→国内オススメグルメ

Twitterもフォローお待ちしてます~~~~~~(・∀・)↓
ここをクリック!ふぉろーみー
ブックマーク、お気に入りはこちらから追加していただけると嬉しいです!↓


みんなに共有する↓↓↓
関連記事

| ☆旅人美容師の1000人ヘアカット世界一周の旅★ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://junkuwabara0614.blog.fc2.com/tb.php/52-c82a6e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。