【重要】2015/6/14 ブログ移転しました!! 新しいブログ『桑原淳 旅人美容師の1000人カット世界一周の旅』はこちらです→ 【 http://junkuwabara.com 】 よろしくお願いします!地球のどこでも、誰でも、いつでもカットします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【実録!】恐怖のボリビアンパーマ 前編。





こんにちは。

今日はですね、旅ブログ一旦中断してあることを書きます。

ま、タイトルでバレバレですね。

ボリビアンパーマについてです。

略してボリパー。

つまりボリビアのパーマっちゅーことです。


・・・旅人の中で何故か人気なボリパー


ペルーでもブラジルでもチリでもなく何故かボリビア。


遡ること2ヶ月くらい前、友達の旅人のブログでボリパーをやってきた!との記事を読んだんです。


その人の髪を切ったことがあったので、その人の髪質を僕は知ってる上で写真付き記事を見て思ったんだ。


こりゃひどい・・・

クルックルのチリッチリやんけ




あの強そうな髪質をここまでクルクルにしてしまうボリパー。

一体どんなものなのか?


ずっと気になっていたが、流石に僕の髪をクルクルにしたくはなかったのでやらずにいたんですが、1週間くらい前に偶然にも取材のチャンスがあったので、今回はそのレポートを書きます。


日本でやってる美容師さんにもこんな世界があるのを伝えたい!

と、密かに思ったりもしてます。

まあ笑ってみてもらえたらいいです。


美容師の皆さん以外にもわかるように超簡単に説明しながら書きますね。


今回協力してくれたのは日本人の旅人2人。

協力っていうか、やりたい!っていってたので勝手についていっただけなんだけど(笑)

2人なので前編後編の2部編成でお送りします!




僕ら一行はボリビアはラパスにあるとある美容室へと向かった。





外から見るとこんな感じのこじんまりとしたところ。

スタッフはおばちゃんと若い女の人の2人だけのようだった。






内観はこんな感じでおばちゃんがネイルをやってるのかと思ったらただ爪切られてただけだった。







壁にはいろんなスタイルが貼ってあるが、僕はボリビア人でこのような西洋的なヘアスタイルをしてる人を一切見たことがなかったので、それもまた少し不安を募らせる。





施術をする鏡と椅子は合計4つ。

うち1つは子ども達の宿題用らしい。






ちなみにシャンプー台は1つ。

使わない時にはゴミ箱にもなるようだ。







ワゴンはブラシやらブラシやらブラシやら道具が詰め込まれている。






前のお客さんの時に使って放置されたものだろうか。

これをそのまま使っちゃうのか!?

ひそかにそれも楽しみなところ。







まずは1人目・・・。

カットは無しでパーマのみ50ボリビアーノ(約850円)

所要時間はおばちゃんいわく30分。


そんな早く終わらないだろ・・・(笑)と心の中で思いながらもとりあえず見守ることにした。



彼の髪質ですが・・・


髪の硬さは普通。

長さは短め。

カラーやパーマなどはしたことがない、至って健康そうな髪の毛。

1ヶ月後に就職するのでほどほどのパーマを希望。












いよいよ席に通されおばちゃんのカウンセリングがはじまる・・・





普通日本の場合、お客さんの要望を聞き(なりたいスタイル)

そのデザインと髪質や痛みに合わせて薬、ロッドの大きさ(あの髪に巻くちくわみたいなやつ)などを決めていくんだけども


ボリパーはまずここから違った。


まず薬はカウンセリング前にすでに決まってた。


というかたぶん1,2種類しかなさそうだった、見た感じ。


薬はWELLAという会社のもの。

WELLAは世界的に有名なんだけども、ボリビアではほぼ独占状態のようで、他の会社の薬はどこいっても見かけなかった。






で、勝手に決まってた薬はチオグリコール酸。
 


(赤線引いたけど見えるかなぁ)



わからない人のために説明すると、パーマをするときにつける薬というのは簡単に言うと髪を柔らかくする薬で、いろいろ強さがあるんですね。

ちなみに、このチオグリコール酸はパーマ界では最強の魔人ブウみたいなもんなんですね。

 
強いと確かにクルクルにはなるがその分傷んだりする危険もある。

硬い髪や健康な髪にはもちろん強くてもいいんだけど、僕みたいな金髪野郎にやってしまった日にはチリッチリになって大変なことになる危ない代物。


通常日本では弱い薬もあったりするので、いろいろ選択肢があるんですが、どうやらボリビアではノーチョイス。


全員こいつでクルクルにしてやるぜぇヒャッハー! くらいな感じかもしれない。

というか薬がどうとかそこまで多分考えてないっぽかった。



そしておばちゃんが口を開く・・・


「どっち?」


手にはゲキ細ロッドと、ちょい細ロッドが。


・ゲキ細ロッド(5mくらい)

・ちょい細ロッド(10mmくらい)


つまり超クルクルかクルクルか。


問答無用なわけです。

問答無用でクルクルなわけです。

就職だぁ?甘ったれてんじゃねえ!くらいの感じです。


彼は戸惑いつつもちょい細ロッドを選択。


僕はニヤニヤしながらブロッコリーになるんじゃないかと勝手に予想。(本音はゲキ細でやって欲しかった )



ロッドが決まったら早速巻いていきます。

ちなみにシャンプーはせずに、そのままチオでつけ巻き。


※つけ巻きとは、薬で髪を濡らしロッドを巻いていく事を言います。

チオ=さっき書いたチオグリコール酸









おばちゃんの手つきはいいものの、彼はしきりに「イテッイテッ」とか言っています。

どうやらめちゃめちゃ引っ張られてるらしい。


彼がうるさいからなのかなんなのかわかりませんが、ちょいちょいおばちゃんはどっか行ったりしてなかなか巻終わりません。



そうこうしてるうちに、( ゚д゚)ハッ!ヘルプシヨウ!となり手伝うことにしたんだ。






ヘルプといっても、ゴムとかロッドとかを手渡すだけ。

久しぶりなもので楽しくなってやっていたら5分後くらいに

「エスタビエン(大丈夫)」と言われてしまった。


クビです。





30数分後、やっと巻き終わった。

驚異的に巻くのが遅くてビックリしました。

この時点でおばちゃんの「所要時間30分」は嘘だったということになる。

おばちゃんはどうやら全体は巻かずに頭の上半分だけ巻くスタイルにしたようですね。

ますますブロッコリーになりそうな予感。ニヤニヤ


でですね、薬をつけて巻いてるのでその間もどんどん薬は浸透していってるわけですね。

ってことはいっちばん最初に巻いたところはもうすでにクルクルなんじゃないだろうか・・・







そして、再度薬をつける。


日本では顔や服に垂れないようにタオルでターバンみたいなのしたり(あの女子が誰にも見られたくない瞬間ね)、最新の注意をはらって薬をつけます。






ですが、ボリパーの場合はお客さんと仲良く共同作業となります。


彼は「うわっ!ちょタレてるタレてる!」とか言ってましたが、おばちゃんはお構いなし。

僕は何も言わず暖かく見守ることにしました。ニヤニヤ


パーマをかけたことある人ならわかると思いますが、通常ここから「少々お待ちくださいhehehe」とか言って放置プレイされますよね?


実はこの放置する時間というのがとても大事なのです。

美容師はこの時間というものをいろいろ考えてパーマやってるんですね、実は。

5分にしようとか10分にしようかなとか。


ボリパーの場合はどうなのでしょうか?



おばちゃんはおもむろに変な帽子のようなものをかぶせ始めました。





これは日本でも見たことない装置ですが、どうやら温めるものらしいです。


パーマの薬というのはの温めることによってより浸透するんです。

だからまあおばちゃんの意図はわかります。

ただ問題は放置した時間だった。


彼は、温められつつ15分とスイッチを切ってさらに15分の合計30分放置プレイされていました。


放置しすぎですね。


通常ここまで時間はきません。

いっぱい時間おけばいっぱいクルクルになるからいいじゃん?

って問題でもないんですね。

髪、傷むから。


そして1本ちくわを外してクルクル具合をチェックするおばちゃん。






「・・・まだやな。キリッ」



ま、まだかーーい!!って心の中でハデにツッコんでしまいました。



彼はそこからさらに10数分放置プレイ。

薬をつけてから1時間以上経過しています。ヒェー


そしていよいよ流す時が来た。

いつの間にかゴミが片付けられたシャンプー台に寝かされ、おばちゃんに桶みたいなのでしっかり薬を流される。

まさかの手動である。


この最初につけた薬というのをしっかり洗い流すのもじつは重要な工程なんですね。


あ、ここは日本と同じなんだってちょっと感心。


バシャッバシャッ・・・しっかりと。

しっ、あれ、2回で終わり・・・。

ちなみに後頭部は流せてませんでした。






そして、2液というものをつける。

これは最初に説明したとおり、柔らかくなる薬をつけて柔らかくなった髪を今度は固めるような薬です。

しっかりカールを固定させるために必要です。








変なタワシみたいなのでもちゃもちゃつけられて、5分くらい放置。

つけられてる間彼はずっと首を自力であげさせられていたので相当きつそうだった。

「ちょっ!タ、タレて・・・!」

とか悲鳴を上げてましたが、おばちゃんはお構いなし。

僕は暖かく見守ることにしました。ニヤニヤ


でも5分かぁ、ちょっと時間が短いかな。

つけただけマシか(笑)



そして運命の時、ついにちくわを外す・・・










軽くシャンプーをしておしまい!

こちらの美容室、ドライヤーはありませんでした(笑)

所要時間は1時間30分ほどでした!



仕上がりはこんな感じに。









まあ予想通りのブロッコリーですね。

でも髪がもともと短いので、そんなに変じゃないんだけど、巻いたところと巻いてないところの差がやっぱり不自然。

ちょっとカットすればだいぶマシになりそう。


ということでなんと彼のカットを僕がすることになったんだけど、それはまた次回。

そして次回はもう一人の犠牲者、、、いやお客さんを紹介します。

もう一人の女性はまた凄まじかったですよ。



美容師さんどうでしたか?(笑)

おもしろかったかなぁ。

いろいろ所変わればパーマも変わるってことですね(笑)!



二人分まとめての僕の感想は明日書きますね。

だから明日も見てねー!!

下のおすすめ記事もぜひ!


じゃチャオ!






ブログランキングいつもポチッとありがと。

クリックするとポイントがはいるので順位が上がるんだよ。

応援あざます。


スマホ、タブレット(Cellphone, Tablet)の方は字の方を★
↓ ↓ ↓  
にほんブログ村

PCの人は、こちらを★
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


★1日1回だけ有効です。








★カットした人★
 

551人



☆カットした人 53ヶ国☆


日本、韓国、中国、台湾、香港、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、パキスタン、インド、ネパール、ロシア、イギリス、スコットランド、オランダ、ドイツ、スイス、デンマーク、スウェーデン、フランス、ポルトガル、スペイン、スロバキア、チェコ、キプロス、ギリシャ、ポーランド、ベルギー、イタリア、トルコ、パレスチナ、イスラエル、モロッコ、アルジェリア、チュニジア、南アフリカ、アメリカ、カナダ、エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチン、ペルー、チリ、ボリビア、ブラジル、コロンビア、ニューカレドニア



★世界一周ルート 23ヶ国目★


日本→韓国→フィリピン→日本→マレーシア→タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→ネパール→インド→日本→台湾→シンガポール→マレーシア→タイ→イギリス→オランダ→ドイツ→ルクセンブルク→フランス→イタリア→ギリシャ→トルコ→キプロス→スペイン→ポルトガル→?




☆フォロワー数(申請お気軽に~)☆


インスタグラム  19800人

Twitter 1450人

僕のfacebook 4000人

フェイスブックページ 5300イイね


★オススメ記事★



ドイツの美容室でオキシ12パーセントを実体験!!



インド人ベテラン理容師 VS 俺



ギリシャ人カリスマ美容師 VS 俺




関連記事

| ☆旅人美容師の1000人ヘアカット世界一周の旅★ホーム |

コメント

ボリパーをこんなにちゃんと解説してるの見たことなかったんで面白かったです!
明日も楽しみにしてますね。
ちゃおちゃお

Re: なかじさん

ありがとございます笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://junkuwabara0614.blog.fc2.com/tb.php/397-51c46926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。