【重要】2015/6/14 ブログ移転しました!! 新しいブログ『桑原淳 旅人美容師の1000人カット世界一周の旅』はこちらです→ 【 http://junkuwabara.com 】 よろしくお願いします!地球のどこでも、誰でも、いつでもカットします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の美容師はホントに世界一なのか?  答えは・・・必見!!




こんにちは


さてさてさて、ブログサボりまくっててすいません。

今週ちょっとひどいね(笑)

さすがに読者さんが離れていきそう、、、

なので今日はちょっと真面目に書いてみようかと。

これから海外へ行きたいんですって人から相談をよく受けます。

だから今回こんなこと書いてみました。

下にあるから見てってね。




リアルタイムでまたイスタンブールに戻ってきてます。

毎日予約が一杯で、7、8人の髪をカットしています。


ありがとうございます!


なので暇じゃないのです←いいわけ。


あ、そして今日は成人式ですねーおめでとうございます!

酔っ払いすぎて逮捕されないようにね\(^o^)/




じゃ本題に、、、







12月20日

ギリシャ アテネ



ちょっと昨夜の出来事を先ずは、、、

昨日町中で人々の髪を切っていた時に知り合った日本人の男の子、けいすけくん。

大学を卒業し、建築士に就職する前にヨーロッパ建築を見る旅に出たそう。

なんかいいね~。

髪を切ってる間ずっとカメラマンをやっててくれて、夜はその彼をカットすることに。


472人目

なぜか治安が悪いと言われるオモニア広場にて。









そんなことなかったです全然。

髪を切ったあとは公園で語りながらルービーをしばく。

これが楽しいんだなぁまた。





けいすけくんまたね~!



翌日、カット出来そうなところを新たに探しながら、街を散歩することにしたんだ。


まあ結果から言うとなかった。

見つからなかった。

なので髪は切ってません。

でも天気よかったから散歩してただけでも楽しかった。

撮った写真を載せますね。






















3日目にして僕はアテネが結構好きになりました。

以前書いたように、いたずら書きだらけなんですね!街が。

いたずら書きにまじり、ちゃんとアーティストが手がけたという作品もたくさんあるので、歩いてるだけでもなにかのギャラリーを見てるかのような気分にもなる。



※いたずら書きを撮りまくって載せまくった記事のリンクを下に貼っときます。










昨夜カットしたけいすけくんも、こういった絵を描くアーティストもそうなんだけど、『景観を変える』というのはどういう気分なんだろう?

自分のデザインしたもの、作ったものが景色を変える。

それまでの街とは、ストリートとは違うものになる。

待ち行く人々の目に入って、写真に撮られたりする。

、、、街の歴史にまでも影響しそうなこと。


1人の髪型を変えることはできても、景観を変えることは僕には出来ないなぁ。

だからなんかすごいなぁと思ってしまった。

スケールが違う。

カツ丼と消しゴムくらい違う。



あ、こういうのも可愛いよね。

木の器?なんて言うんだっけ。

入れ物?箱?




ほっそい路地にさりげな~くこういうのが置いてある。

これがまた周りの風景ともなじみ、いい感じなんだ。


もう一つ、アテネが大好きになった理由がある。

にゃんこです。




いっぱいいるんです。


もう、そろそろお気づきかも知れないが、僕は猫が大好きです。

街を歩けば猫を探す。

猫がいればカメラを向ける。

逃げられたら落ち込む。

逃げなかったら揉む(妄想)


まあ、でも実は猫アレルギーなんです。

猫がいるお家とか行くとなんかいろいろダメなんです。

だから写真撮るくらいの距離感がちょうどいいのかな。
















余談ですが、『猫ふんじゃった』は実は日本だけの歌ではありません。

1番は猫ふんじゃったら猫に引っ掻かれたんだけど、マジふざけんな

2番は猫ふんじゃったら猫が空に飛んでったんだけどw マジ爆笑 ww


というひどい歌、、、知ってますよね?


※イメージ
 






歌詞、タイトルこそ日本バージョンですが、曲は実は世界中にあります。

作曲者は不明だそうです。


国によっては猫が犬になったり、ノミだったり、アヒルだったり、ロバだったりするそうです。


あ、でも中国バージョンは『泥棒行進曲』 ですからね。

どういう状況なんだって感じですね。

さすが中国って感じですね。


あ、でもフランスバージョンは 『カツレツ』 ですからね。


カツレツの歌ってなんだよって感じですね。

カツレツふんじゃったんですかね。








意味不明ですね。

時間の無駄遣い。

これを書いた五分間を返せって自分に怒りたい気分ですね。




話が盛大にずれてしまいました。

今日はひとつ書きたいことがあったのに!


で、最後にそれを書いて終わりにしたいと思います。


日本の美容師は世界一なのか?


これですね。


結論から言いましょう。

ノーです。めっちゃノーです。

理由は後ほど。


なんでこれを書こうかと思ったかというとですね、理由があります。


海外で働きたいんですと相談してくれる方が多いから。


僕は数ヶ月間こういう旅をしつつ世界を回っていて、現地の方の他にも海外在住の日本人の方のカットをすることが多々あり、その度に(ほぼ毎回)こう言われます。


やっぱり日本人の美容師の方がいい。現地の美容師は切りすぎたりするから怖い。

やっぱり日本の技術が世界一ね~


と。


まあ確かにって思うことは多々あります。

微妙な日本人の好みとか現地の美容師はわかりにくいと思うし。

だから日本人がそれを言うならわかります。

でも僕は外国人からその言葉を聞いたことはありません。


個人に対して褒めてくれたことはあっても『日本人の美容師は』という言葉は聞いたことはない。

日本の車とか、日本食とか、美容師だと日本のハサミとかは一番だ!という声はたびたびききますけどね。

トヨタはいい車だー!とかみんな言ってます。



で、日本人が異国の地で美容室に行ってナゼ困るのかといえば、一番が言葉の問題。

現地語がうまく話せない場合、話せてもうまく伝わらない場合。

結果切られすぎたりしちゃうんだと思います。


あとは髪質の違い。

日本人と西洋人だけでなく、アラビア系、北欧系、東欧径、ラテン系など、、、アジアの中でも違います。


つまり現地の美容師さんは日本人の髪質に慣れてない結果、仕上がりが変になってしまうんじゃないかと思うわけです。


それともう一つ。

これは僕が旅の中で気づいたことです。


文化の違い


現在22ヶ国しかまわってない僕が世界を語るのは少々無理があるけど、22という数の国と人々を見てきて切ってきて、美容師さんとディスカッションして、感じてることがあるんです。

文化というと非常に広い意味になりますけど、それぞれの国の文化や思考は髪型に影響するということです。


『髪型文化』とでもいえばいいのかな?


例えば、今いるトルコなどのイスラム国では、宗教の影響で女性は基本、髪を外に出しません。

布で覆ってます。

なので切らずに長くする人がほとんどです。

そのような国で働く美容師は女性の髪を切ることに対して長けてるのか?

疑問ですね。

おそらくノーですね。


他にも、インドのカミソリを使いラインをピッチリハッキリだす『ポリススタイル』ばかりを切るインド人美容師は、ヨーロッパで流行ってる若い男の子向けのモヒカンみたいなスタイルをつくれるのか?

疑問ですね。



ナチュラル思考なドイツ人が大好きな『ナチュラルストレートなヘアスタイル』をつくるドイツの美容師は、日本で言う『ゆるふわ♡』みたいなのはうまく作れるんでしょうか。

わかりません。



現地の文化、髪質、言葉の壁があるから、日本人が異国の地で髪を切ってもらうことは難しいんです。

ここまでは日本から見た世界の話。



じゃあ話を戻して、、、日本人の美容師は世界一なのか?


この答えはもう書きました。


言葉の壁、髪質の違い、文化の違い。


です。


日本に来た外国人が、または日本人美容師が外国人を海外で相手にして、ここが出来てない日本人美容師の作るスタイルに満足行くんでしょうか?


まず、カットするクライアントと言葉での意思疎通ができない場合、身振り手振りで思いを伝え、要望を聞くしかできません。

あとは写真とか見せるとかね。

ちなみにやろうと思えばカットはできると思います。

僕もたまーーーーーにそういう場面がありますがなんとかなります。

でもそうなってる時点でもう現地の美容師には絶対勝てないんだな~と思います。


なんとか切っても髪質に対する技術やその人の(国)好みのスタイルをつくれるのか?

それらも知ってないと無理だと思います。

これらがクリアできてないと世界一どころか『日本人ダメじゃん』ってなってしまいます。



よく美容師はクライアントにヘアスタイルを提案することが大事だといいます。

僕もそう思います。おすすめすることは大事だと思います。


でもぼくは美容師って基本的にクライアントの要望を全て聞き、その要望に華を添えて返してあげるもんじゃないかなと思ってます。

そこで必要なのはコミニケーションと要望に応える技術、知識だと思うんです。

それができないから提案するっていうのはちょっとなって思います。



という事で日本の美容師が世界一だって言うのは間違い です。

もう言い切っちゃいます。


日本人のクライアントにとっては世界一の存在で当たり前なんです。

中華料理だって中国人が作るのが一番ですよね。

そゆこと。


最初にもちょっと書きましたが、これから海外へ行きたいんですって人から相談をよく受けます。

だから今回こんなこと書いてみました。

これは僕が旅の中で気づいたことのひとつなので、そういう方たちにもちょっと参考になればなと思います。

海外へ行くならせめて英語を勉強するとか、、、



最後に、、、

接客やサービスの質に関しては絶対日本は世界一だと思います。

間違いないです。

でもぼくはこの接客とサービスが堅苦しすぎるから美容室って居づらい場所なんだろうなともちょっと思います。

海外のテキトーな接客だけど、地元のおっさんとかがふらっとテレビ見に来たり喋りに来たりするのもそれはそれでいいなって思うんですよね。

きっと日本でそれやったら万人受けはしない。

でもぼくはどっちかというと後者のような店を作りたい。

あなたはどっちがいいですか?

僕は堅苦しいのなんて嫌だし、カットしに来てくれた人が全く緊張しない店にしたい。


僕がいつかお店作ったら、一回遊びに来てよ。


カット終わって暇だったらお茶でも一緒に飲もうよ。

あ、ビール飲んでいいよ。

なんなら髪きらなくてもいいよ。

漫画も読んでいいよ。

宿題やってもいいよ。

昼寝してもいいよ。


そんな家みたいなお店にしたい。

外国人も日本人もいっぱい集まって。

勝手にみんなが友達になって。

壁には世界中の写真を貼って。

ナマステーとか言って。


そんなある意味世界一(唯一)の美容室を作りたいです!



よし!まとまらない!(笑)

でも、おわり!

長くなっちゃったけどありがと!

成人おめでとよ!






暇だったらこちらも見てね!↓↓↓

ギリシャ、アテネで撮ったいたずら書き写真集





★カットした人★

473人


☆カットした人 国別☆

40ヶ国

日本、韓国、中国、台湾、香港、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、パキスタン、インド、ネパール、イギリス、スコットランド、オランダ、ドイツ、スイス、デンマーク、フランス、ポルトガル、スペイン、スロバキア、チェコ、キプロス、ギリシャ、トルコ、イスラエル、チュニジア、南アフリカ、アメリカ、カナダ、エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチン、ペルー


★世界一周★

231日目


日本→韓国→フィリピン→日本→マレーシア→タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→ネパール→インド→日本→台湾→シンガポール→マレーシア→タイ→イギリス→オランダ→ドイツ→ルクセンブルク→フランス→イタリア→ギリシャ→?



☆フォロワー数(お気軽に~)☆

Twitter 1200人

インスタグラム  17900人

僕のfacebook 2800人

フェイスブックページ 4350イイね




世界一周ランキングやってます。

ハサミボタンをポチッとクリックするとポイントがはいるので順位が上がる仕組みです。応援ありがとう!

スマホ、タブレット(Cellphone, Tablet)の方は字の方を★
↓ ↓ ↓  
にほんブログ村

PCの人は、こちらを★
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


★1日1回だけ有効です。




各国のオススメ記事



【インド】牛「どかんかいボケ」僕「すいませんっした!」

【台湾】今から大学に突撃へあかっとしてくるわ。

【シンガポール】僕の人生を変えた美容師さんとの再会


関連記事

| ☆旅人美容師の1000人ヘアカット世界一周の旅★ホーム |

コメント

お店出したら、絶対お店行きます!!

はじめまして。
ワーホリでオーストラリアにいます。他の仕事もしながら、時々美容師もしてます。
美容師もお客さんもゆっくり気楽に過ごせる美容室作りたいですね。
何だかすごーく共感しました。
ありがとうございました(^^)

初めまして

初めてコメントします。

私ゎ後者の美容院がいいです絶対!
結局全てが人とのつながりだから⑅◡̈*
ぜひ、そういう美容院をオープンさせて下さい♡

ボクが旅に出るよりもjunさんがお店を出す方が早いでしょうね(^ω^)
もし出店してたら旅に出る前に絶対遊びに行きます‼︎
ビールは飲めませんがお話たくさん聞かせてください♡

猫好きなのにアレルギーなのは残念ですね( ; _ ; )/~~~

しーちゃんさん

お待ちしてまーーーす!!!

Mikiさん

オーストラリアなんですか!今年行くと思うのであえるかもしれないですねー^^
ありがとうございます!

あやのさん

はじめまして!
ありがとうございます!
なんかゆるゆるな店にしたいです^^
がんばろーー

あらけんさん

あ、そっか飲めないんですよね(笑)
僕も帰ったらあらけんさん旅に出る前に切ってもらいたいっす!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://junkuwabara0614.blog.fc2.com/tb.php/339-12246b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。