【重要】2015/6/14 ブログ移転しました!! 新しいブログ『桑原淳 旅人美容師の1000人カット世界一周の旅』はこちらです→ 【 http://junkuwabara.com 】 よろしくお願いします!地球のどこでも、誰でも、いつでもカットします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺の名所に行ってきました。福井旅行記☆東尋坊


そう自殺の名所で名高いあの東尋坊です。ちなみに僕の地元には青木ヶ原樹海という名所が・・・

2012年11月、2連休を利用して、夜行バスで福井県福井市に行きました!
目的は東尋坊に行くことと、有名なお寺の永平寺に行くこと。あとは無し!(笑)
行ったことなかったから行ってみたくて。


東尋坊は福井市にはなくて、坂井市という福井県の右側、石川県よりにあります。



朝福井駅につきましたが、ちょー寒い!さすがに北陸はさみいっす!

さっそくえちぜん鉄道に乗り、朝っぱらから東尋坊に向かいました。

ここで東尋坊の名前の由来を紹介します。

昔むかし、平泉寺という寺に数千人というお坊さんがいました。
その中に、とても力の強い東尋坊と いう僧がいたのですが、この東尋坊は自分の力が強いことを頼りに、悪さばかりしてました。
東尋坊が暴れると誰も手がつけられないので、東尋坊はやりたい放題。
平泉寺のお坊さんたちは困り果てていました。

そして1182年4月5日、僧たちは皆で相談し海辺見物に出かけることにしました。
高い岩壁から海を見下ろせる場所へ着くと、早速岩の上で飲み会が始まりました。
次第に酒がすすみ、その内、東尋坊も酔っ払って眠り始めました。
酔った東尋坊を見て、一同は真柄覚念(まがらかくねん)という侍に合図を送りました。
ここぞとばかりに東尋坊を絶壁の上から海へ突き落としました。
そして東尋坊は崖の下へと落ちて死んでしまいました。
平泉寺のお坊さんたちの本当の目的は、 東尋坊を酔わせて高い岩壁から海に突き落すことでした。

なるほど、こわっ!

三国という駅から歩いて東尋坊まで行きました。
つくと既に観光客がいるし、お土産やさんもたくさんあって賑わってて、全く怖い雰囲気はなかったです。 観光客の団体のオッサン達は朝から飲んだくれてるし(笑)




謎のたっちゃん漬けも売ってたし(笑)




謎の東尋坊タワーもあったし(笑)




こんなシュールな看板も(笑)



でも崖まで行くと、やっぱここはマジで怖い!

高所恐怖症の僕には無理すぎました。

刑事ドラマに出てきそう。





写真だとはんぱない高さが伝わらない・・・


そして夜になるとここは自殺の名所になるそうです。

命を大切に と書かれた紙がはってある電話ボックスもあったりして、本当に生々しかった。


地元の人からこんな話を聞いた。

「東尋坊から飛び降りて自殺した遺体は、隣の雄島という小さい島へ流れ着く」
「その雄島を回るときは、時計回りに回らないといけなくてが、反時計 回りをすると死ぬ。」とか「反時計回りをして帰る時、橋の真ん中辺りで霊が出る」とかそんな怖い話も聞きました(>_<)

真実はどうかわかりませんが、自殺の名所ということは真実らしいです・・・

でも昼間いくと楽しいですよ(笑)

次は永平寺編

ブログランキング参加しています☆これを押してもらえるとたくさんの人にこのブログを見てもらえます(^^)


にほんブログ村
関連記事

| ☆旅人美容師の1000人ヘアカット世界一周の旅★ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://junkuwabara0614.blog.fc2.com/tb.php/13-080a8a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。